忍者ブログ
今日という日も、記憶の出来事と繋がった一本の道なのです。そして所詮は虚構なのです。
03≪ 2017.04|123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

冬物を出そうかと、クローゼットをゴソゴソしていたら、昔のアルバムが出てきた。アルバムというのは、目の前の作業を止めてしまう効果絶大ですね。

10年前の、大学時代の写真。夏にインカレで奥多摩にキャンプに行った時の写真。あのサークルで知り合った人とはあまり連絡を取っていないな、なんて。

あの頃、面白かったんだろうか?
思い返してみるけど、あまり記憶が定かではない。

まぁいいや。
PR
友達は昔バイオリンを弾いていたんだけど、最近はあまり弾いてないらしい。そのかわりにハマっているのがコーヒー。豆の種類やら入れ方やらカップの種類などなど。いろいろとこだわって、楽しんでいるみたい。夢はカフェ開業だって。

趣味があるってのはいいよね。わたしには趣味がない。旅行は趣味ではないの。ほんとは旅行もあまり好きではなかったりする。わたしにとっての旅行は、「区切り」でしかないように思う。

時間の流れというのは一つであり、そのタイムラインの中で、いかに新鮮な気持ちでいつもいるか。それが重要だと思うの。
知り合いが転職して麹町に勤務になった。久しぶりに一緒に夜ご飯を食べることになって、仕事帰りに麹町に行った。

大学時代に半蔵門でバイトをしていた事があるので、麹町近辺は懐かしい思い出がある。仕事が予想以上に早く終わったので靖国通りのスタバで昔の事を思い浮かべながら時間を潰した。

「萬力屋に買い物に行ったなぁ」とか「あの有名人の弟さんがやっている『ほか弁』はまだやっているのかな?」とか。

時間なんてあっという間。
海外で思い出深いのはパリ。

華やかで優雅で上品。そんなイメージを持っていた。ロンドンからユーロスターでパリに向かったんだけど、パリに近づくにつれて崩れ落ちそうな建物が目立つようになり、わからないけど、スラムっぽい街が車窓から見えた。

駅について道に出たら物乞いのおばさんが話しかけてきた。それを逃げるようにその場を立ち去った。ノートルダム寺院でもモンマルトルでも物乞いや押し売りみたいな人達がたくさんいて、正直怖かった。

ルーブルもオペラ座も素晴らしく、イメージ通りだったけど、ちょっとズレると全く違う顔を覗かせる街。それがパリだと実感した。
同僚のユキコさんが「あー、海外行きたい、海外行きたい」って連休前からずっと言っていた。じゃあ、行けばいいじゃんと思ったけど口に出さなかった。おそらくその答えをしたら不毛な会話が続いてしまうのはわかっているから。ああいう答えの無い事を誰かに聞こえるように言う人はほんとに困る。

で、わたしは連休に台湾に行ってきた。

Copyright © 記憶のパンドラ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT.
忍者ブログ [PR]
レコメンド
秘書代行
>秘書・・・良い響きね。
ベトナム観光案内
>ベトナムには一度は行ってみたい。
ウェディングプランナー
>結婚式は教会で二人だけで。
世界の証券取引所
>株も一応持っているわ。
中学受験 塾
>中学受験。大変ね。
オフィス移転
>座っているだけで移転して。
ブログ内検索